おかげさまで7年目

J-SOX法文書化対応

J-SOX法文書化対応

J-SOX法に対応するために、金融庁による実施基準において、「業務記述書」「業務フロー」「リスク・コントロール・マトリクス(RCM)」の作成が推奨されており、これらを文書化3点セットと呼んでおります。特にRCMは企業内における内部監査を実施するに当たり、最も重要となります。

J-SOX法文書化対応の選び方

単なる文書作成ツールやコンサルティングのみでなく、各種テンプレートやその内容を完備していることが重要となります。特にRCMにおいては、標準リスクデータを搭載しているツールやテンプレートがあると、作成効率が格段に向上します。

≪ お問合せポータルのコンシェルジュサービス ≫

J-SOX法文書化対応・コンシェルジュ

熊谷
担当コンシェルジュ
熊谷
J-SOX法文書化対応を考えているが何をしていいかわからない。J-SOX法文書化対応の比較検討項目がわからない。どのJ-SOX法文書化対応会社に問合せていいのかわからない。
そんな時は、J-SOX法文書化対応コンシェルジュにご相談ください。どんな相談にも無料で丁寧にお答えさせていただきます。
お気軽にお問合せください

J-SOX法文書化対応会社

株式会社 シスメイト 一括
「THE統制」は実践ノウハウから蓄積された経験を基に日本の組織基盤の企業文化に合わせて開発、拡張性、柔軟性、セキュリティー、コンプライアンスに対応できる内部統制整備・運用評価支援ツールです。

内部統制サービス関連会社様募集中!